~直江兼続と前田慶次 会津にかけた夢~

“愛”の武将、直江兼続。名門・上杉家のナンバー2として、幾多の困難に立ち向かい続けた北国のヒーローです。その相棒が、戦国一のかぶき者・前田慶次。男たちが東北・会津で挑んだ“幻の理想国家建設プロジェクト”とは? さらに、伊達政宗らと激突した戦いで、兼続の命を救うことになった慶次の奮闘とは? 戦国の世、北の大地で結ばれた男たちの美しき絆に迫る。

直江兼続と前田慶次の甲冑

森崎が修復した前田慶次の甲冑が番組内で紹介されました。
この他に、上杉憲政所用具足・上杉謙信所用具足・上杉景勝所用具足・直江兼続所用具足など
上杉家に縁の指定重要文化財甲冑の修復を手がけました。



[番組内容抜粋]

ナレーション:上杉ゆかりの地にひとつの不思議な甲冑が伝わっています。

朱漆塗紫糸素懸威五枚胴具足南蛮笠式

ナレーション:三角形に尖った異様な兜。鍔の部分には小粋な透かし彫り。

朱漆塗紫糸素懸威五枚胴具足南蛮笠式「兜」

ナレーション:袖の部分は龍の鱗のような飾りをあしらう手の込んだ作り。戦国期にもほとんど見られない異色のデザインです。
隅々まで遊び心の詰まったこの鎧。持ち主と言われるのが前田慶次。天下の名だたる武将の元で武勇を発揮し異彩を放った男です。

朱漆塗紫糸素懸威五枚胴具足南蛮笠式「袖」